新幹線でガーラ湯沢に手ぶら日帰りスノボ。暖冬で雪不足で混雑で、雪山よりも食事を楽しんで来た

ガーラ湯沢
どうもカレーダイエッターのハラハチです。
年末にガーラ湯沢に新幹線でスノボをしに行ってきました。

 

吹雪が激しく、そして寒く、視界も悪い。また、暖冬の影響で雪山のコースもオープンしていないところもあり。コースの数が少ない為、混雑。

 

タイミングが最悪でした…。

 

雪山が微妙だったこともあり、スノボよりもタイトルにも書いてある通り、食事が大変記憶に残っております。最近、記憶力が低下してきていているので今回の日帰りスノボ旅行の記録をブログに残したいと思います。

先日書いたスノボダイエットの記事はこちら。

 

新幹線で東京駅から最短77分でガーラ(GALA)湯沢に

東京駅6時発東京駅発車の新幹線に乗りました。チケットは事前に東京駅のびゅうプラザにて事前購入。新幹線で最短77分で行けるなんて近すぎる。しかも事前にボードとウエア等は宅急便で送っていた為、手ぶらで楽チン。

 

ガーラ湯沢 

新幹線で駅弁。オススメは「鮭はらこ弁当」

鮭はらこ弁当

Sponsored link

まずは、朝ごはん。ということで、事前に東京駅で購入した駅弁を開封。

 

前から食べたかった「鮭はらこ弁当」を買っちゃいました。

 

ぷっちぷちの、いくらドーンっ。

 

鮭ハラコ弁当 ガーラ湯沢
鮭のフレーク、鮭の塩焼き。新幹線の座席のテーブル上という舞台で親子共演です。後は沢庵のみ。
美味くて幸せでした。ビール買い忘れた事に後悔。

新幹線の座席を向かい合わせにして6人席でトランプ

6人で行ったので新幹線の席を回転させました。そして到着するまでトランプで盛り上がれます。寝てる友人をテーブル代わりに活用。

 

ガーラ湯沢
そんなこんなで、あっちゅうまに、ガーラ湯沢に到着。早かった。
外の景色を見ると吹雪いてる。あぁ。天気悪い。

ガーラ(GALA)湯沢駅の改札目の前がスキーセンター

ガーラ湯沢駅の改札を出るとすぐにスキーセンターなんです。電車の乗り継ぎ不要。リフト券を受付で引き換え、送っていた板を受け取り、更衣室へ。

ガーラ湯沢
ロッカー代は1,000円。何度でも開けられるので安心です。
そして、いざ山頂へ向けてゴンドラへ。山頂の雪は結構いい感じ。前日夜からけっこう雪が降っていた為、思ってたよりも意外とふかふか。しかし、コース数は少なめで、スキー教室の子供が多く、激しく混雑。

 

ガーラ湯沢ゴンドラ ガーラ湯沢
ちなみに、2月5日時点では全面滑走可能とのこと。この時期はいいかもしれませんね。

スノボ行った際のゲレ飯と言ったらカレーライス

お待ちかねのランチタイム。混み合うことを予想して11:15分頃、フードコートパルパルへ。こちらはガーラのメインレストランだけあって、もう既に混んでる…。

 

なんとか席を確保し。注文。SUICAが使えるのに感動。雪山に現金を持っていかなくても良いじゃん。雪山では、やっぱりカレーでしょう。おきまりのカツカレーを注文。レトルト感たっぷりのこのカレーがなぜかめちゃくちゃ美味い。

 

雪山マジック。

 

ガーラ湯沢

 

食後はちょろっと滑って、吹雪が激しくなったので早めに下山。

SPAガーラの湯でサウナを堪能。

着替えてスノボの板や荷物を自宅に発送し、たのしみにしてた、ガーラの湯へ。
湯船は二種類、水風呂と暖かいお湯。湯船の温度は高め。お客さんの回転率を高める為でしょうか。

 

ガーラの湯

 

期待していなかったのですが、サウナがついてました。4人用くらいの広さ。正直狭かった。でも、水風呂サウナを三回転。サウナーとしての責務を果たしました。

 

露天風呂があったらいいのになぁ。

 

ガーラの湯で、ゆっくりできたのでスノボの疲れがだいぶ癒されました。次の日あまり筋肉痛にならなかったのはここのお陰かも。

 

ガーラの湯

 

※隣駅の越後湯沢駅中にあるお風呂屋に過去行ったことあるのですが、そこは要注意です。
2年前の3月の夕方に行った際、1つの湯船、洗い場が7個?くらいしかないのに、ばんばん、お客さんを入れちゃうんです。入場制限なし。脱衣所で服を脱いで、いざ中に入ると、そこは地獄絵図。洗い場の前にフルチンの裸の行列が。フルチン行列。寒い中並びましたが、今まで行った風呂屋の中で最悪でした。今はどうか知りませんが要注意。

越後湯沢駅に移動して「美食華酒 越後や」で晩御飯

2-3日前に予約してた「美食華酒 越後や」に行ってきました。この日は日曜、吹雪ということもあり空いてて、予約の必要なかったかも。
外観の写真を撮り忘れましたが、駅から2-3分の場所で木造古民家風のお店です。個室の座敷を案内され。お酒をたんまり。帰りの新幹線まで一時間半楽しみました。

 

タレカツガーラ湯沢

帰りの新幹線で食べたカフェオレ柿チョコが美味すぎて感動

 カフェオレ柿チョコ

 

なにこれ。うまい。
カフェオレ味の柿ピーです。
越後湯沢駅のお土産屋さんで購入しました。

 

ダイエッターの方は食べないでください。
食べだしたら、止まらなくなります。

 

新潟ビール

ガーラ(GALA)湯沢日帰り料金(使ったお金)

今回の料金 合計22,890円
  • スノボ板往復宅急便代(郵便)2,440円
  • 新幹線+リフト券13,600円
  • ロッカー代1,000円
  • ランチ2,050円(カツカレー1,400円、生ビール750円)
  • ガーラの湯1,300円
  • ディナー2,000円
  • 帰りの新幹線でのお菓子とビール500円

 

ガーラ(GALA)湯沢の感想

  • 東京駅から近い(最速77分)アクセスの良さ
  • 駅からスキー場のチケットセンター直結、そのままゴンドラで山頂まで行ける
  • 駅にSPAガーラの湯(温泉)がある
  • 外国人客(中国や東南アジア)が多い
  • 宿泊しなくとも1日を満喫できる
箇条書きで書きましたが上記の通りです。
平日行くともっと安いので今度一人でふらっと行ってみようかなと妄想して今夜は寝ることにします。