【5つの習慣】iPhone電池(バッテリー)寿命を延ばす、大切な日々の扱い方

iPhoneの電池を長生きさせるコツ

どうも、来月からダイエット開始予定の ハラハチ(@hara8_HR8B)です。

先日iPhone6sを購入しました。SIMフリー端末でBIC SIMを契約しています。大手キャリアをやめて格安シムに変えたことで月の携帯にかかるランニングコストが低くなりましたが、その分、携帯端末自体が非常に値段が高く、負担となりました。

今後は、節約を重視するならば、端末(iPhone)を長く使うことが重要となってくる

iPhone長生き

 

先日購入した際の記事⭐︎

 

また、iPhoneの価格は上昇トレンドですので今後こいつ(iPhone6s )と長く大事に付き合って行くことが重要になってきます。

先日まで使っていたiPhone5は非常に電池の減りが速く、ストレスマックスでした。ネットサーフィンしてるだけで、あっつあつに熱くなってしまい、一時間充電が持ちませんでした。

iPhoneのバッテリーの寿命は1年半っていいますので、何とかこの寿命を長くできないか、appleストアで働いていた友人に相談しアドバイスをもらいました。

 

iPhoneの充電を長生きさせる秘訣5選

iPhoneの電池を長生きさせるコツ

Sponsored link

  1. 100%なったまま、充電し続けるのは良くない。睡眠時充電は注意。
  2. 充電するときは携帯を使用しない。
  3. 1週間に一度、電源を落とすとよい。
  4. バッテリーを使い切る前に充電するほうがよい。
  5. 愛情を持って扱う。

iPhone有料のバッテリー交換サービスあり

appleではバッテリー交換を有料で行っています(iPhone5)しかし、ネックは納期が1週間近くかかってしまうこと。

街のiPhone修理屋さんに行って修理してもらったり自分でバッテリーを購入して交換をする方もいるみたいですので、バッテリーが息絶えたとしても、何とかなるっちゃ、なる。

 

iPhone充電長寿のまとめ

ハラハチ

やはり、基本的には地面やトイレに落としたりするのはきおつけなければいけない。そして高温の場所に放置したり、寝ながら充電したりするってゆうことを控えることが重要ですね。

しかし、Appleだけではなく、街の携帯修理屋も増えてきているので、なにかあったとしても費用はかかりますが、なんとかなるんじゃないかと感じました。

しかし、一番重要なのが上記の⑤にあるように携帯電話を大事に、大切に、愛情を持って、恋人のように付き合っていく。そうすることで、綺麗な状態を保ったまま付き合っていくということが長く使う上で必要なんでしょうね。

 

過去のiPhoneの記事はこちら