白湯にレモン入れるだけでダイエット効果が上がる【5つの理由】

レモン白湯ダイエット

どうもハラハチです。だんだん寒くなってきましたね。こんな時期は白湯を飲むと身体が温まります!白湯にはデトックス効果や代謝機能の向上など、ダイエット効果がありますが、なんと、レモンを白湯にいれるだけでそのダイエット効果がさらに上がるんです!あの、ローラやミランダカーも飲んでいるという、そのレモン白湯について今日は紹介していきたいと思います。

まず、白湯とは…

レモン白湯ダイエット
白湯とは、一度沸騰させたお湯を、飲めるくらいまでにさましたもの。「湯冷まし」ともいいます。
wikipedia参照
白湯をゆっくり飲むことで体温が上がります。体温が一度上がると、10%代謝が機能が、30%免疫機能が向上します。

 

☆参考記事:

【温活・腹巻ダイエット】腹巻を巻くだけで得られる5つのメリット!

 

白湯にレモンを入れることで、ダイエット効果を上げる5つの理由【ホットレモン】

 レモン白湯ダイエット

 

1、レモンに含まれるクエン酸が血糖値の上昇を防ぎます。また、代謝を上げる効果があります。

2、レモンの食物繊維が、満腹感を持続させ、食事の量を減らすことができる。

3、レモンの解毒作用の力で、デトックス効果を向上させます。腎臓、肝臓の老廃物や毒素を流し、リンパの流れも整えます。

4、レモンに含まれるクエン酸には、疲労回復効果とリラックス効果があります。疲れを癒し、リラックスすることでストレスを減らし、ドカ食い等、食事の量をコントロールしやすくなります。

5、レモンには消化器官を酸性に保つ効果があり、そのおかげでカルシウムの吸収が良くなります。カルシウムは脂肪細胞に蓄積されるのですが、カルシウムが多いほど、脂肪をエネルギーに変えやすくなります!

 

→レモンはビタミンCのイメージでしたが、クエン酸の能力恐るべし!!!

 

 

白湯にいれるレモンについて

①レモンを絞る or  切り刻む

レモン白湯ダイエット

 

レモンは一回につき、半分を使用します。レモンを半分に切ったものを潰してレモン汁を白湯に入れます。もしくは刻んだレモンを皮のまま白湯に入れます。

Sponsored link

 

②ポッカレモンを入れる

Sponsored link