【スノボダイエット】スキー・スノーボードをするだけで痩せられる4つの理由

スキースノボダイエット

どうもハラハチです。ついに12月に入りましたので今年もウインタースポーツシーズンイン。学生時代や二十代前半の頃は、毎年冬になると友人たちでスノボに行ってました。

最近は、周りの友人に子供ができたり、仕事が忙しかったりで中々日程が合わずに、雪山に行く機会がかなり減っておりました。

 

スノボ熱の再燃

スキースノボダイエット

 

そんな中わたくし、三年ぶりくらいに、今年の春前スノボに行ったのがキッカケで、スノボ熱が再燃してきましたのです。

そして遂に昨日、ボード・ブーツ・バインディング・ウエアを購入してしまいました。

今年のシーズンは雪山にたくさん行きます。

スキーやスノーボードをすると翌日筋肉痛になってしまうように、全身の筋肉を使用します。また有酸素運動でもある為スキーやスノーボードにはダイエット効果があります。

この機会に4つのダイエット効果について、ご紹介します。

 

 

 

スキー・スノボのダイエット効果について

スキースノボダイエット

Sponsored link

 

1.有酸素運動で脂肪燃焼

スキースノボは有酸素運動です。滑っている時は、踏ん張ったりして足や腹筋だけでなく全身の筋肉を使用します。体重60キロの方なら1時間で約400カロリーも消費するようです。

普通にランニングするよりも楽しみながらカロリー消費ができます。また、1時間以上は滑るのでかなりのカロリー消費となります。

 

2.筋肉が増え、代謝アップ

中腰の姿勢をすることが多いので、太もも・お尻・ふくらはぎなど下半身の筋肉を使用します。初心者の方はよくこけてしまうので、起きあがる際に手を使う為、腕や腹筋の筋肉をかなり使用します。また、基本的に体勢を維持しようとする為、体幹を使うため全身のインナーマッスルが鍛えられます。

 

3.寒い場所にいることで代謝アップ

雪山は当然寒いです。人間は寒いところにいると、自然と身体の温度をあげようとします。代謝を上げて対抗しようとするのです。これによってカロリーが消費されます。

 

4.ストレス発散

雪山の開放感、非現実的な空間で、気持ち良く雪の上を滑る。雪山でのビール。スキースノボ終わりの温泉。ストレスが発散されます。

【ストレス=食欲増進=ジャンキーな食事、ドカ食い=太る】という方程式があるため、ストレス発散によるダイエット効果が期待されます。

 

 

ハラハチ的スキー・スノボダイエットのまとめ

スキースノボダイエット

スキーやスノボをするだけで痩せれるなんて素敵です。

 

注意し無いといけないのが、雪山でのランチや夜の宴会。カロリーを消費しているので、食事はたっぷり食べるべきだと思いますが、雪山の食事処にはビール等のお酒も出ています。夜は旅館でわいわいやる際に飲みすぎてしまうと、せっかく痩せた分が台無しになってしまいます。

 

ダイエッターなりのお酒の飲みかたに注意して、雪山をエンジョイしましょう。