東京駅にある名古屋名物「矢場とん」で味噌カツと旅行気分を味わってきた。

矢場とん東京駅グランルーフ

以前友人と旅行で行った際に食べた、矢場とんの味噌カツが話題に上がり、無性に食べたくなりました。

調べたところ、なんと矢場とんの店舗が東京駅にあるじゃないですか。仕事が休みの土曜日でしたが早速東京駅まで行き、一人で食べに行ってきました。

「矢場とん東京駅グランルーフ店」のアクセス

矢場とん 東京駅グランルーフ店

TEL03-3212-8810 営業時間10:00~23:00(L.O.22:00)不定休

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目1−9−

場所は東京駅の地下1F。八重洲側にあるグランルーフという飲食店街に矢場とん東京駅店があります。今半や天喜代が近くにありました。

矢場とん東京駅グランルーフ
矢場とん東京駅グランルーフ

Sponsored link

矢場とん東京駅グランルーフ

「矢場とん東京駅グランルーフ店」の待ち時間

矢場とん東京駅グランルーフ

学生時代、名古屋の矢場町本店に行った際は、1時間程行列に並んで食べました。この日は土曜の12時45分。混んでるかなぁと思いながら「矢場とん東京駅グランルーフ店」へ。名古屋ほどではないですが、案の定お店の前には10人程の列ができ壁には15分待ちの紙が貼られておりました。

矢場とん東京駅グランルーフ

しかし並んでから30秒。なんとすぐに席に座ることができました。なぜかというと、こちらの店舗はカウンター席があり、ちょうど一人分の席が空いたから。

列に並んでいたお客さんは全てカップル、ファミリーのお客様だったようで、お一人様だった私は、ほぼ待ち時間無しで案内してもらえました。ラッキー。

矢場とん東京駅店へは一人で行くのがオススメかも。

わらじとんかつ定食ソースと味噌だれのハーフアンドハーフを注文

 矢場とん東京駅グランルーフ
矢場とん東京駅グランルーフ
矢場とん東京駅グランルーフ
矢場とん東京駅グランルーフ

メニューは豊富。昔食べてボリュームがあった記憶がありましたので途中で味に飽きてしまわないように、ミソとソースの半々にして注文しました。ハーフアンドハーフです。

矢場とん東京駅グランルーフ
 
10年ぶりの矢場とんにワクワクしながら、いつもの青汁をダイエットと栄養補給を兼ねて食前に飲み干します。
 

カウンターの眼の前の厨房では、体格の良いお兄さんが、豚を揚げております。包丁さばきや揚げている姿に見とれていたら、わらじ豚カツ定食が出てきました。

矢場とん東京駅グランルーフ
矢場とん東京駅グランルーフ
 

店員さんが目の前で味噌だれをドバドバかけてくれます。味噌だれのい〜い香り。ああ。味噌だれがついてない豚カツも味わいたかったなと思ったり…。

並んでた方々お先にすいません。と思いつつパクリ。うまあ。

 矢場とん東京駅グランルーフ

矢場とん東京駅グランルーフ

注文してから、豚を揚げるので熱々ホカホカで出てきます。この味噌の甘みと10年もの時を超えて、口の中で再開できたことに感謝しつつ、箸を進めました。東京駅に出店してくださりありがとうございます。

 結構ボリュームがあり、全部食べると腹十二分くらいになってしまいました…。ハラハチは難しい。

「矢場とん東京駅グランルーフ店」の感想

ハラハチ

わらじとんかつ定食ソースと味噌だれのハーフアンドハーフの料金は1,728円でした。ちょっと高い。

しかし名古屋まで行って食べてきたと思えば激安です。東京名古屋片道で10,320円。だいぶお金が浮き、名古屋に行った気分になれちゃいました。

気持ちの持ちよう、考え方は自分次第。ストレスはダイエットの敵。前向き思考がストレスフリーな体質に。