【ランパス】『魚久十(ととじゅう) 日本橋店』茶碗蒸し付き贅沢マグロ丼が540円で激安コスパ最強説

ととじゅう日本橋 マグロ丼

どうもカレーダイエッターのハラハチです。先日、書店で2016年3月1日発売のランチパスポート日本橋版vol.3を購入しました。今日のお店である『魚久十(ととじゅう) 日本橋』はランチパスポート日本橋版に掲載されていたお店です。早速どんなもんなのか、ランチパスポートを初めて試すべく、行ってきました。

【ランパス】日本橋高島屋裏手側にある『ヴィーノエイルラコルタ(vino e IL raccolta)』に行ってきた。

『魚久十(ととじゅう) 日本橋』にマグロ丼を食べに行ってきた。

場所は日本橋で、先日ご紹介しましたお多幸本店の近くです。銀座線日本橋駅出口から徒歩2分。

加藤ビルディングというオフィスビルの地下一階にお店があります。

店内に入ると靴を下駄箱に入れるスタイル。居酒屋ランチスタイルです。

いかの水槽がありましたが、いかはお出かけ中。不在でした。

一人での食事だったので、縦長のテーブルに座るよう案内されました。

日替わり定食も美味しそう。

『魚久十(ととじゅう) 日本橋』でランパス使って「築地仲卸のマグロ丼」を注文

1,300円が540円になります。760円の値引き。この破壊力。これがランチパスポートの力です。

Sponsored link

注文して、料理到着までの間に、お決まりの「ユーグレナの緑汁」を頂きました。食前に青汁を飲む、食べ順ダイエット!

そんなこんなで、注文から5分程でマグロ丼到着。どーん。

綺麗なピンクのマグロちゃん。

お漬物もたっぷり。

具沢山の味噌汁。海苔も入ってました。

八重洲ランチでは珍しい茶碗蒸し。安いお店ではなかなか食べれません。熱々で美味しい。

ひじきは普通。

マグロですが、肉厚でデカイです。

ワサビ醤油をたっぷり垂らして美味しく頂きました。

『魚久十(ととじゅう) 日本橋』でランチパスポート日本橋版を活用してマグロ丼を食べた感想

ハラハチ
マグロ丼540円は正直安すぎ。コスパ最強ですね。一回食べるだけで、760円得します。もはや、二回食べるだけでランチパスポートの本自体の価格990円を上回ります。

1,300円払ってまでは注文しないかもしれませんが、このマグロ丼540円はリピート必須。ランパスルールで同じお店は3回しか利用できないのが悲しい。

これからもランパス日本橋版に掲載されているお店を試していきまーす。

 

◆ランパスの関連記事

 

Sponsored link