【白シャツ襟のしつこい黄ばみを解消】簡単・効率的に取る洗濯方法

どうもカレーダイエッターのハラハチです。

最近、ミニマリストの本を読んだ影響で白シャツを頻繁に着るようになりました。白いシャツだと汚れが付きやすいのと、着た後にシャツを放置したり、洗濯が甘いと首の周りが黄ばんできます。

この汚れが普通に洗濯するだけでは、なかなか取れない為、洗濯の方法を勉強し、自分で効率的なやり方をあみ出しました!

今日はしつこい首周りの汚れ、白シャツや白ワイシャツ(Yシャツ)の襟の黄ばみを簡単に、そして効率的に、取る方法についてご紹介します。

白シャツの首周りの襟が黄ばむ理由、黄ばむ原因。

・首の皮脂が主な原因!

皮脂が服の繊維に擦り付けられ、絡まってしまい黄ばみます。皮脂が酸化すると黒い汚れになります。

・首の汚れ。

そもそも首が汚いのが原因。お風呂で首をしっかり洗ってますか?ワタクシは今まで適当に洗ってたかも…。

簡単に効率的に、襟の黄ばみを取る方法

・歯ブラシと石鹸を使ってお風呂に入った際に洗濯!黄ばみ取り!

準備するものはただ二つです。

  1. 洗濯用石鹸
  2. 歯ブラシ

「せっけん」は皮脂に近い成分でできているので、黄ばみ汚れを落としやすいんです。できれば洗濯用石鹸がオススメ。手洗い用石鹸でも落ちるようです。

黄ばみは水で落とすより、ぬるま湯or熱いお湯ぐらいで洗った方が皮脂が落ちやすいです。

Sponsored link

襟の部分をお湯で濡らし、石鹸を襟に擦り付けます。そして、歯ブラシを使ってゴシゴシと汚れを落とします。そして後は、お湯で流します。後は普通に洗濯するだけです!!

また、ワタクシのオススメは、お風呂を使って洗濯することです。

洗面台を使ってやる事もできますが、量が多いとスペースを取ったり、洗面所自体や、着ている洋服まで濡れたりするので、自分がお風呂に入るついでにやっちゃいます!全裸!

これなら、服が濡れないし、お風呂も一緒に済ませれるし一石二鳥です。

黄ばむのを防ぐ方法

・ベビーパウダーを襟の部分に塗る

あらかじめベビーパウダーを襟に塗っておくと、汚れが付きにくくなり、また落としやすくなるそうです。

・普段から自分の首のお手入れをする

お風呂で念入りに洗ったり、汗拭きシート、蒸しタオルなどで、寝起きや、外出からの帰宅時に汚れ落としを実施すると良いそうです。

・洗濯はお湯でする

皮脂は油なので冷水よりお湯の方が汚れが落ちやすいです!

ハラハチ的、襟の黄ばみを取ることについての話

上記の方法で、軽い黄ばみなら問題無く、落とせるようになりました!重度の黄ばみにはまだ挑戦していませんが、そのような事態に陥った場合には、試してみます。黄ばみは時間が経つと、汚れがひどくなるので、着用した白シャツは早めに洗うよう心掛けましょう

Sponsored link